最新の斎場情報まとめ

斎場のスタッフの仕事は多岐にわたっています。
葬儀の打ち合わせから準備、司会進行、後片付けなど通夜と葬儀について最初から最後まで関わり、遺族をサポートし時には遺族に代って一連の儀式を執り行います。
その中で最も大切なことはきちんとしたマナーを身に付けていることであり、心を込めて仕事を行なうことです。
大切な人を亡くした遺族の気持ちは繊細で傷つきやすくなっていることが多く、その気持ちに寄り添うことが求められます。

斎場のスタッフはどのような仕事をするのか

斎場のスタッフはどのような仕事をするのか 斎場のスタッフの仕事は多岐にわたります。
斎場によって仕事内容は少しずつ異なりますが、主なものは遺族と葬儀内容の打ち合わせ・遺体の搬送・葬儀や備品の準備・遺族・参列者への案内・お茶や料理の準備など参列者への接客・式の司会進行・僧侶のサポート・火葬場への案内同行・会場の掃除や祭壇の撤去などです。
斎場によっては遺族側に代って会場の受付けも担当することがあります。
これらの仕事に必要とされるのが先ずきちんとしたマナーを身に付けていることです。
またそれは形だけでなく心を込めて行なうことも大切です。
大切な人を亡くした遺族の気持ちは繊細で傷つきやすくなっていることが多く、その気持ちに寄り添うことが求められます。

斎場での業務内容

斎場での業務内容 斎場は亡くなった人を弔うための儀式の場として利用されるスペースであり、公設の場合には火葬をするための火葬場が併設されているのが一般的です。
ひとくちに斎場での業務内容とはいっても、さまざまな職種があるために、その実態はかなり複雑で多様なものとなっています。
民間の斎場の場合には、亡くなった人の遺族からの依頼を受けて、葬儀全般を取り仕切るプランナーとしての仕事がまずあります。
この場合は祭壇の準備や霊柩車の手配、当日の司会進行までひととおりを熟知していなければならず、加えて寺院との折衝や、予算の見積もりなどのデスクワーク的なことも含まれます。
ほかにも遺体の清拭、駐車場や式場内の警備、物品の外部への発注や予算管理といった業務もありますので、役割に応じたポストの人が置かれているのが普通です。
公設の斎場の場合には、式場は貸し出すのみで葬儀の運営まではタッチしないため、プランナーというよりはむしろ実際に火葬炉の運転にたずさわる技能職員、予約管理や予算執行を行うホワイトカラーの職員などが中心となってそれぞれの業務を行っています。
また民間にはない特殊な業務として、墓地に遺骨を埋葬するために必要になる埋葬許可証の発行も挙げられます。

斎場の情報サイト

365日電話受付対応の斎場